小学校受験の教室ランキング

HOME > コラム > 小学校受験はいつから対策をするのが良いか

小学校受験はいつから対策をするのが良いか

 多くの人は、最初の受験は高校受験でしょう。つまり中学生の時に経験することになります。準備をするのは人によって異なります。難関高校に行こうとする人は1年生のころからしているでしょうし、それほど考えていない人は全く対策をしない人もいます。
小学校受験の場合、いつから対策をするのが良いかです。中学以上の受験の場合、子供の能力がかなり重要になります。子供の意識も必要です。しかし、小学校受験の場合は子供の意識はそれほど高くない場合があります。子供が自分から私立などに行きたいとは言わないでしょう。いかに子供に受験をさせるための意識を持たせ、対策をしていくかになります。
短い場合は1年ぐらいでも可能なので、受験の1年ぐらい前から対策をします。ただ、有名校になるとそれなりに選考が厳しくなります。もっと前から対策をした方が良いかもしれません。


小学校受験は独学で受験させられないか

学校の受験をするとき、塾や予備校などを利用することがあります。必ずしもそれらの利用は必要なく、一定の学力があれば合格できる力を付けることも可能です。中学校以上の受験の場合、基本的にはペーパーテストの結果が合否に大きく影響します。小学校受験を希望するとき、専門塾、教室に通わせる必要があるとされています。独学で合格するのは難しいかどうかです。なぜ通わせるのが良いかですが、それは受験科目が影響しています。ペーパーテストもありますが、それ以外にもいくつかの試験があります。重視される試験として行動観察があります。他の受験生と一緒に行動をする様子が観察される試験で、ここでの振る舞いで合否が決まる場合があります。コミュニケーション力が必要で、これは独学では身に着けにくいです。教室などでは、適切な指導をしてもらえます。


小学校受験は早生まれかどうかが影響

学年の決まり方として、4月2日生まれから次の年の4月1日生まれまでが同じとされます。つまり、4月2日と4月1日は、生まれが1日違うだけで学年が変わってしまいます。4月2日の場合は、他の子よりもより長く生きていていて、4月1日の子は短くなります。学年が上がれば早生まれかどうかの差はあまりなくなります。その中で生活するからです。しかし、小さい時には1年の差はそれなりに大きくなります。小学校受験の場合、早生まれかどうかで対策が異なるので、注意しないといけないでしょう。単純に考えれば、早生まれの場合は通常よりも1年早く対策しないといけないことになります。受験させようと考えているなら、一般的な知識よりも1年前倒しで行動するようにした方が良いでしょう。遅いと困りますが、早すぎて困ることはあまりありません。

▲ ページトップへ