小学校受験の教室ランキング

HOME > コラム > 小学校受験が難しいと言われている理由

小学校受験が難しいと言われている理由

小学校受験は、大学受験と比較しても難しいものとなる場合が多いです。
それにはいくつかの理由があります。
まず第一に、子どもに勉強をさせること自体が難しいからです。
大学受験なら、将来のことを考えて子ども自身が自分から勉強をすることがあります。
しかし、小学校受験の場合には、そうした子どもの自主性や積極性に期待することがかなり難しくなります。
まだまだ遊びたい年頃ですし、勉強をするということ自体に慣れていないケースも見受けられます。
集中力を発揮して、一日数時間も受験のための勉強ができない子どもがほとんどです。
そうした子どもを合格レベルまで鍛え上げるのは、かなり難しいと言わざるを得ません。
地頭がよくなければ不合格になっても不思議はありません。
しかも、小学校受験の対策は、かなり立てるのが難しいです。
出題傾向が大学受験ほど明確ではないのがその理由です。



小学校受験対策で欠かせない三つのポイント

小学校受験では、まずいい塾に子どもを通わせることが重要になります。
基本的に小学校受験対策は、塾にしてもらうのが普通だからです。
大学受験のように、本屋さんに行けば過去問が手に入るわけでもありません。
独学は不可能だと考えるのが普通です。
ノウハウを持った塾を基本として、対策を進めていくのが当然なわけです。
また、親の努力も欠かせない点は忘れてはいけません。
子どもと一緒に受験を乗り切る心構えが必要になります。
下手をすれば子ども以上に親が努力をしなければならないこともあります。
できれば母親か父親か、どちらかが子どもと二人三脚するのが理想ですね。
さらに言えば、毎日の生活の中で少しずつ対策を進めることも大事です。
根気強く日常的に社会常識等を教えて行かなければ、難関小学校の受験問題を解くことはできなくなります。



小学校受験の面接対策に関連する事柄

面接は小学校受験の受験科目になっていることがあり、またそれは比較的重要視されていると言われています。
つまり、ペーパーテストができていても十分ではないという訳であるので、あらかじめ面接対策を行うことが不可欠です。
同じ面接でも複数のパターンが存在していて、子ども一人だけで受けるタイプもあれば、親子が一緒になって受けるタイプもあります。
面接のパターンに応じて注意点を理解するということが大切なのではないかと考えられます。
また受ける前にきちんとティッシュとハンカチを持っているかどうかなどの確認も行うようにします。
訊かれてきた質問に対して回答する練習を行う場合においても注意したいことがあります。
一問一答だけではなく、回答したことに関連のある質問にも答えられるようにするための練習を行うことがそれに当てはまります。

▲ ページトップへ