小学校受験の教室ランキング

HOME > コラム > 子供の将来を考えるなら

子供の将来を考えるなら

 親であるなら子供の幸せを願っています。親が亡くなっても自分で生きていけるようにしてあげるのが親の役目です。
 そのためには、安定した職業に就かせる、優れた知識、技術をを持たせるようにします。そのためのひとつの方法としてよい大学に入らせるようにします。
 いい大学に入るためですと、大学受験が必須です。そのためには、高校、中学と勉強をさせる、塾に行かせるなどして大学受験の準備を中学の時から考えて教育をおこなっていきます。
 しかし、中学、高校と受験させるだけがいい大学に入る方法ではありません。他にも方法はあります。そのひとつが小学校受験です。


 よい大学に入るためには良い高校となりますが、高校受験がその前にあります。そのため、中学校では高校受験の準備が必要になります。
 私立の小学校、中学校の一環教育では、中学までのカリキュラムを中学3年前半まで終わらせたりして、高校受験に特化した教育を中学3年では行ったりしますし、さらに英語専門教育を行い、英語が話せる、聞き取ることができるよう特殊なカリキュラムを組んだりして優秀な学生を独自に育てる教育を行ったりします。
 英語が強いと高校受験、大学受験でもかなり有利ですし、社会人になってからも就職に有利になります。


 小学校受験のメリットは他にもあります。エスカレーター式に大学まで行くことができる付属小学校です。
 小学校受験は高校、大学受験に比べて比較的楽なのは学力での受験があまり重要視されていません。
 勉強は入学した後でも間に合うという考えから、受験ではその子供がちゃんとしつけられているか、人の話を聞くことができるか、挨拶ができるかなど勉強面以外の部分が試験になります。 さらには、子供が育った環境面も調べられます。そのため、受験では子供だけでなく、両親の面接も行われたりします。
 両親の教育に対する姿勢、家庭での状況などが面接で調べられたりします。小学校の受験がクリアすれば後は大学までエスカレータ式で行くことができるので、塾に行かせる必要もなく、学費面で安くなるというメリットもあります。
 子供得意な分野、長所を伸ばすような教育ができるのが小中一環教育の利点でもあります。小学校、中学校の一環教育の学校は都市部では多いのですが、近年は地方都市でも増えつつあります。
 子供が一人の家庭でしたら、ちょっと学費はかかりますが、将来を考えたら一環教育の小学校に入学させるのもひとつの方法です。

▲ ページトップへ